藤子・F・不二雄と徒然日記 Holic 17巻 付属DVD      忍者ブログ QLOOKアクセス解析ブログパーツ
ONE PIECE・仮面ライダーの感想考察をメインに書いていっています。たまにジャンプやその他のアニメ・漫画についても書いています。藤子作品に関しては読んているときは感想を書いています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓↓一括応援クリックお願いします
hatena に追加 facebook追加 yahoo! ブックマークに追加 google bookmarkに追加 livedoor clipに追加 delicious に追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 Googleリーダーに追加 twit this!
cbcc9235.jpeg







本日,Holic 17巻付属のDVDをみました。時間は30分ではなくちょとだけ長い40分でした

HolicはCLAMP(カードキャプター桜や魔法騎士レイアースなんかが有名)先生の漫画でツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-とクロスオーバーしている作品です。今回のDVDはHolicの4年後を描いているHolic籠のアニメ化作品です。

前置きはさておき、DVDを見てその内容にびっくり!原作では本編の4年後だった設定がなんと10年後に!31f9a852.jpg







誰?と思ってしまいました。そう、小羽ちゃんです。すかっり大人になっちゃってます。ちなみに10年後は百々目鬼と同じ大学に通っているそうです。(百々目鬼は先生の助手で生徒じゃありません)

さらに今回ひまわりちゃんが声だけ登場しますが、その会話がまたびっくり!
百々目鬼「九軒か?」
ひまわり「もう、苗字変わってるんですけど」
・・・どうやらひまわりちゃんは結婚しているらしいです。原作では明らかなヒロインであり、四月一日(わたぬき)の片思いの相手。それなのにこの唐突な結婚は何だかショックです。原作のセリフで四月一日が侑子さんにて「(侑子さんは)俺の大切なひとだから・・・」というものがありこのアニメでは冒頭にあります。どうやらこのセリフを意識してxxxHoLic篭でのヒロインは侑子さんのようです。四月一日君はひまわりちゃんと結ばれるものとばかりに思っていた自分にはショックな展開でした。
また、籠の基本概念である侑子さんに逢うために店をついで別次元で生きること(対価)を説明したシーンが省かれており、四月一日が店から出れないという説明がなされていないので完璧にひまわりちゃんは男にかっさらわれた状態でそこが残念です。

思えばアニメではNHKがツバサをアニメ化したのにHoLicはTBSがアニメ化したことでクロスオーバーが崩れてしまっていることに問題があります。ツバサは最終章の単独でのアニメ化は不可能と判断してか原作終了後の今も第2期終了のままです。xxxHoLicも侑子さんが消える理由がツバサとの兼ね合いが強いせいかこちらも第2期で終わっています。原作では見事の一言のクロスオーバーですが、それがアニメでは完全に足かせになっています。これ以降も漫画のおまけでDVDは付属していきそうですが、なにやら残念に感じます。

拍手[0回]

PR
↓↓一括応援クリックお願いします
hatena に追加 facebook追加 yahoo! ブックマークに追加 google bookmarkに追加 livedoor clipに追加 delicious に追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 Googleリーダーに追加 twit this!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
楽天市場
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
人気記事ランキング
管理人お気に入りサイト
アクセス解析&カウンター
マイクロアド
携帯からみたいかたは
応援お願いします
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 漫画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキングおきてがみ

Copyright © [ 藤子・F・不二雄と徒然日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]